全1ページ
このページのリスト
--.--.--  
  スポンサーサイト
2016.09.29  
カテゴリ:《 ブログ 》
  秋 その1
2016.09.12  
カテゴリ:《 ブログ 》
  2016 高尾山行 その2

--.--.--     カテゴリ:  スポンサー広告 

   スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016.09.29     カテゴリ:  ブログ 

   秋 その1

暑さ寒さも彼岸までといいますが、なんか蒸暑い日が続いてますね。

パラリンピックも相撲も終わり、とと姉ちゃんもあと僅か。
ちょっと寂しいけど、これからは食欲の秋・行楽の秋・仕事の秋?
そして、読書の秋。
「灯火親しむべし」 ステキな言葉ですね。
秋の夜長、優艶な活字の舞に、酔い痴れてみたいものです。

さて今回は、先日ちょこっと出かけたときの秋色の一コマを綴ります。
西日に襟元が汗ばむ中、山里は美しい秋の姿を見せてくれました。

コムラサキです。 お行儀がよくて清々しい^^
花言葉は 「知性」
ちょっと前ピンでした(恥)
万葉の調べが、どことなく響いています。
コムラサキ


ユウガギク(柚香菊)でしょうか。 もしかするとカントウヨメナ?
柚香菊だったら、その名の通り、ほのかに柚子の香りがするとか。 知らなかった~ 残念。
そっとたたずむ空間に 「さび」の世界が広がっていました。
ユウガギク?


空を仰ぐキバナコスモス。 花言葉は 「野生美」
優雅で、たくましくて、ステキです。
キバナコスモス


すすきが一穂。 花言葉は 「心が通じる」
なんとも心温まる光景。 秋の日に寄り添ってるみたいでした。 
ススキ
飴細工のように繊細に煌めく花穂。私を見ると、静かにウィンクしてくれました。


夕焼けをじっくり眺めたのって久しぶりです。 やっぱり感動的ですね。
燃え上がっていた夏の空気が、山の彼方へ音もなく流れ去っていく。 そんな感覚に包まれました。
夕焼け


暑かったけど、爽やかな涼風が、心の中を吹き抜けた1日でした。

今月は、何とかブログ更新2回できました。 少ないですが。
このところカメラが体調不良を起こしてます。 私はいたって健康なんですが^^
撮ったはずの写真が保存されてなかったり。 色んな設定ができなかったり。 等々
ここで修理に出すんですが3週間位かかるとかで、10月の更新がちょっと心配です。

前からバリアングル液晶のカメラを狙ってました。 買っちゃおうかな?

スポンサーサイト

2016.09.12     カテゴリ:  ブログ 

   2016 高尾山行 その2

3ヶ月ぶりの高尾山です。
山の表情は、梅月の健やかな笑顔から、萩月の透明な微笑みに変わっていました。

登山口にほど近い、田んぼの畦に咲くニラの花。
毎年この姿を見るとホッとします。 花言葉 の「星への願い」 、ロマンチックでステキですね。
ニラの花

今回は、いつもの6号路を行き、途中、琵琶滝の脇を右へ登り、2号路から3号路を経由して頂上を目指しました。
滝の音が、琵琶の調べのように美しいことから、琵琶滝と呼ばれるようになったとか。 とても清冽な滝です。
琵琶滝から2号路へのルートが、急な登りでキツかった~。
でも3号路に入ると平らな所が多くて、ひと息つけました^^

小さなヤブミョウガの実が、森の中で輝いていました。
熟すと色が変わっていきます。 宝石のように綺麗でした。
ヤブミョウガ1


葉がミョウガに似てるからヤブミョウガ(ツユクサ科)だそうです。 あっ 葉がちゃんと写ってませんでした(恥)
食べられるミョウガとは、あまり関係なさそうですね。
ちょっとおどけたポーズです。
ヤブミョウガ2


ミズヒキ(水引)です。 清楚で、優しくて、しなやかで、でも茎(芯)はしっかりしてる。
日本らしい趣きに溢れていて、魅了されっぱなし! 私が心酔する野草です。(上手く撮れませんが)
花言葉は「感謝の気持ち」 超ステキですね。
ミズヒキ


なんて可愛いんでしょう。 森の妖精みたい。
直径は5ミリ程。 ビジターセンターの方に伺ったらイヌセンボンタケとのこと。
ヒトヨタケ(一夜茸)の仲間で、2日ぐらいで消えて無くなってしまうそうで、「出会えて幸運でしたね」とおっしゃいました。
倒木の古株に生えていて、 確かに千本ぐらいはありそうでした。 数万本になることもあるとか(凄)
イヌセンボンダケ


ヤマホトトギスです。 花の斑紋が、鳥のホトトギスの胸の斑紋に似てるそうです。
なんかゴージャスな雰囲気ですね。
ヤマホトトギス


カシワバハグマ(柏葉白熊)です。
花びらが楽しそう^^
カシワバハグマ

3号路を登って頂上近くまできました。
シモバシラの花です。 とても澄んだ色でした。 花言葉は「けなげ」
冬になると、根元の茎の周りの水分が凍って、霜柱ができます。
花があった場所を覚えておけば、冬には簡単に霜柱が見つけられそうですね。
シモバシラ


山頂は、土曜日ということもあって、超満員。
富士山は、雲に隠れて見えませんでした。 楽しみは次回にとっておくことにしよう。
それにしても高尾山って、四季折々、色んな植物に出会えて、ほんとステキなところです。

高尾山は都心に近いにもかかわらず、自生する植物の種類が多くて、1600種を超えるそうです。その数は、イギリス全土
で自生する種類に匹敵するとか。 また、高尾山で最初に発見された植物も多く、タカオスミレやタカオヒゴダイなど、
その数は60数種類にものぼるそうです。 (高尾599ミュージアムHPより)

帰りは1号路から下りました。
途中、リフトの山上駅横の展望台から一枚。
遠く霞む、秋の日の摩天楼を望みます。
山上駅横展望台

久しぶりの高尾山。 植物三昧の幸せな1日でした。

山から戻って今日で2日目かぁ。 明日あたり筋肉痛だな~(泣)
とりあえず、お土産の漬物で一杯やろ^^  ← マンネリですね(恥)



プロフィール

ウィングレット

Author:ウィングレット
東京の郊外で暮らす変なおじさんです。休日には気の向くまま、いろんな所を徘徊しています。
月1回ほどの更新でお恥ずかしいです。

最新トラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-


検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。