全1ページ
このページのリスト
--.--.--  
  スポンサーサイト
2015.04.25  
カテゴリ:《 ブログ 》
  そうだ 湘南、行こう
2015.04.04  
カテゴリ:《 ブログ 》
  桜の記憶

--.--.--     カテゴリ:  スポンサー広告 

   スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015.04.25     カテゴリ:  ブログ 

   そうだ 湘南、行こう

ハーバーライトが点々と灯り始めた。
大海原を燃え上がらせた夕日の残照が、クルーザーのキャビンにほんのり残る。

心地いい夕凪の中、私はゆったりとデッキチェアーに体をあずけた。
お気に入りのシャンパンを開け、テーブルのフルートグラスに傾ける。

真珠のような気泡が、あかね色の空に溶けて、ゆらゆら昇っていく。
おだやかな潮風が、クルージングでほてった頬を、優しくなだめる。

ひんやりと水滴をまとったグラスに、そっと手を伸ばす。

 「あぁ 海よ 夕日よ ありがとう」  乾杯・・・


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

そんな体験ができたらいいな~って感じる季節になってきました(笑)

久しぶりに海にでも行ってみるか、ということでテイクオフ。
湘南の海に会うのは、何年ぶりだろう。
圏央道の海老名ルート開通で、海がすごく近くなったんです(嬉)
中央道から圏央道、そして新湘南バイパスを飛ばして一気に茅ヶ崎へ。
茅ヶ崎海岸ランプを下りると、もうそこは浜辺。1時間足らずでした(速)

もちろん、高速ツーリングがジョニー(愛車)の独壇場であったことは言うまでもありません。

右に行こうか、左に行こか。
「いざ、しらす丼」ということで、海岸線を東へ。
サザンのCDに溶けていく自分を感じながら、先ずは江の島を目指すことに。


車内には「勝手にシンドバッド」が流れる中、江の島に到着。 気分は「今何時」状態。
気を落ち着けて、手前の橋から全景を一枚。

江の島


どのくらい階段を上ったでしょう。中腹に展望台があったので、そこから一枚。
横のほうにエスカレーターを発見。 我慢 我慢(泣) 
春霞の中、ヨットが幻想的できれいでした。

ヨット


更に上って頂上付近へ到着。
すごくオシャレなcafe'「Madu」でひと休み。
ステキなテラスにはペチュニアが似合います。

ペチュニア


お店を出て少し下ると「江の島ビール」の瓶に目が点に・・・
なんともノスタルジー溢れるたたずまいと「江の島」の清々しい響き。
飲みた~
でも、ジョニーが待ってるからな。
後ろ髪を引かれる思いで、島をあとにしました。 (今度、ぜったい飲も)

江の島ビール


今も昔も、海に戯れる若者たち。
そう言えば大昔、私もこの海でボードに乗ってたんだっけ。 怖いものなんて何にもなかった。

湘南海岸


車窓からは、サザンの「真夏の果実」が溢れ出し、過ぎし日の懐かしさに、振るえるような感情を覚えました。
ウィンドサーファー
ウィンドサーフィンって楽しそう。 私がやってた頃は、普通のサーフィンだけでした。

途中、並走していた江の電とも別れを告げ、横からの南風に押されて、ジョニーと私は、鎌倉の街へと流れていった。

ガラッと変わって、情緒溢れる長谷寺を訪ねました。

アジサイはまだ先ですが、色んな美しい植物に出会えました。
アマドコロです。 風情があります。
後ピンにすることで主題を強調してみました。
ウソです。単にピントが外れただけです(恥)

アマドコロ


恥かきついでに後ピンをもう一枚。
優しい日の光が、葉の上に降臨してるみたいでした。

日差し


ほら 石垣のイワタバコにも
イワタバコ


オオデマリが見事でした。 花言葉は「私は誓います」 
オオデマリ
長谷寺のアジサイに再来を誓って、鎌倉を後にした相棒と私でした。

たそがれの中、CDは「いとしのエリー」を静かに奏でて・・・

懐かしさと安らぎに満ちた1日でした。

スポンサーサイト

2015.04.04     カテゴリ:  ブログ 

   桜の記憶

少年は、終業のベルと同時に学校を飛び出して行った。
今日は土曜日、半ドンだ。
お昼は少年の大好物、お稲荷さん。

校門をくぐり、城下町の路地を抜け、菜の花を横目に緩やかな石畳の小路を駆け上がる。
ランドセルの蓋がペタペタと音を立て、少年の後を追いかける。

ガラガラと玄関の引き戸が出迎える。
「ただいまー」
「お帰りー」と、かあちゃん。
ちゃぶ台には、山のように積まれたデッカイ稲荷ずし。かあちゃんの手作りだ。

少年は、ランドセルを放り投げ、お稲荷さんを頬張る。
「いっぱい食べなぁ」と、かあちゃん。
油あげの甘い汁とかあちゃんの優しさが口の中に溢れる。

少年は膨らんだ頬のまま、かあちゃんに微笑む。
かあちゃんも満面の笑みで少年を包む。

穏やかに波打つ手延べカラスの窓には、柔らかな春の日差しが揺れている。
格子戸越しに見えるお城の初桜が、風になびいて美しい・・・


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

桜の開花に酔いしれる今日この頃。
久しぶりにカメラを片手に出かけてみました。
今日は、花曇りというよりは、花冷えみたいな感じで少しアンダーな雰囲気でした。


桜の先には、美しい稜線が見えていました。
誘い


柔らかいコントラストです。
彩り


幹に咲く花って、なんか魅かれます。
淑やか


道端にはポピーが。 とても和みました。
ポピー


ボケにはメジロが似合います。 写真もピンボケだ(恥) 
またメジロとご対面です。

ボケとメジロ


ふと足元を見ると、草の上で水玉が光ってました。 あぁ 転がっちゃいそう。
水玉


勢いよく芽吹いた小さな花たちが、伸びをして喜んでました。 「あ~ 気持ちがいい」 って
慶び


やまぶきの花が愛らしい。 ちょっと早い開花でしょうか。
やまぶき


大木のしだれ桜です。 樹齢150年、幹回り3mだそうです。 圧倒的な存在感でした。
しだれ桜


桜の花って、胸躍りますね。
華やぎ

花三昧の1日でした。 
なんか、花のブログになっていくような予感。


そう言えば、昨日は職場のお花見だった。
ミキちゃん、新人の小山田に早く場所取りに行けって言ってた。
上野とかのメッカでもないのに午前中から陣取っとけだって。
こと、お花見に関してのミキちゃんのこだわりは凄い。
なんかトラウマあるのかな。
でも手作り弁当を小山田にさし入れしたらしい。
やっぱ優しい、羨ましい~。


宴では、「全社員が一丸となって」 大ブレイクしたことは言うまでもない(恥)



プロフィール

ウィングレット

Author:ウィングレット
東京の郊外で暮らす変なおじさんです。休日には気の向くまま、いろんな所を徘徊しています。
月1回ほどの更新でお恥ずかしいです。

最新トラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-


検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。